住まいの広さについてのこと

住まいは誰もが気を楽にし、本当の自分でいられる場所 住まいにとって広さというのは、とても大事なことです。とても重要な要素です。基本的に広ければ広いほど高くなります。より多くの土地が必要になり、建材が必要になるのですから、当然です。そして、人によっては広ければ広いほどよいわけではないのです。まず、管理の手間がかかります。掃除をするところも増えます。管理に人を雇うことができるのであれば、問題ないですが、一般人ではそうもいかないのです。ですから、適度な広さの住まいであるべきなのです。つまりは、その人によって、必要になるスペースが違い、それを超えるのは特にメリットがない、ということです。そもそも物件を買うのであれば、固定資産税もかかりますし、賃貸であれば、使っていない部分にまで費用を払っている、ということになります。ですから、必要なスペースをよく計算してから、決めたほうが良いです。

住まい、というのは、内装などに拘ることもあります。それはその人の嗜好によって違うものですから、一概にいえることではないのですが、それでもとにかく自分の好みにするとよいです。そうした小さなことであってもストレスに影響するからです。住まいは出来るだけストレスを発散できるようなところであるべきです。つまりは癒し空間です。

関連情報

Copyright (C)2022住まいは誰もが気を楽にし、本当の自分でいられる場所.All rights reserved.